03

高性能CTを始め、最良のインプラント治療環境を実現。

皆様により安心していただける環境づくりを進めて参ります。

イメージ画像

治療環境

CT・デジタルレントゲン

当院では、最新式のCT(ベラビュー エポックス3Df)を
導入しております。
・鮮明な三次元画像を得る事でインプラントの術前プランニングから術後の観察まで確実な診断が可能。
・X線の被曝量を往来より大幅に減少する事により、少ない被曝線量で撮影できる。

治療環境

CEREC(セレックシステム)

セレックシステムは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作する最先端の審美歯科治療です。
従来の治療のように歯型を取ることがありません。 規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても耐久性が高く、自然で美しい見た目を実現できます。もちろん金属アレルギーの心配もありません。
More info

イメージ画像

治療環境

シロプロL 外科用ユニット

シロプロLの高性能で多目的なシステムは、様々な治療用途に対応するように設計されています。
根管治療、親知らずの除去およびインプラントなどの治療に用います。
LEDライトの明るさや多様な制御仕様などから、より安全なオペを行うことができます。

治療環境

ハッチリーマーキット

インプラント治療の難症例:上顎洞挙上術のときに使うドリルです。
ハッチリーマーキットを使用することで、安全性が飛躍的に向上し、患者さんへの負担を少なくすることができます。

イメージ画像

治療環境

ピエゾサージェリー導入

通常インプラント治療はドリル等の回転切削により骨に穴を開け、その部分にインプラント本体を埋入してきました。
その際に細い骨や、近くに神経や上顎洞等があるケースではその周囲組織を傷つけるリスクは避けて通れませんでした。しかしピエゾサージェリーは強力な超音波により骨等の切削を行う機器で、通常のドリルやバー等の回転による切削と異なり軟組織を傷付けることがありません。
ピエゾサージェリーは切削部分の長さ・深さを正確にコントロールでき、非常に精密な骨切りを可能にします。
つまり硬組織(骨や歯)を切削できて軟組織(血管や神経)を傷つけないという画期的な機械であり、手術時の安全度が飛躍的に高まると言うことなんです。
もちろん使用に関しては通常通りの診査・診断はかかせませんが、患者様、医師ともにお互いのリスクが軽減されるのは間違いがないでしょう。

治療環境

レーザー治療

インプラント治療の際、条件がいい場合、メスで切開せずレーザーで歯肉に穴を開けて切開しないことで出血や腫脹の軽減ができ、時間短縮する事ができます。
また、術後の治癒促進や、止血にも使用できます。